金のネックレス

少しでも買取OK

少量からでも対応

金は、長い歴史の過程で、それ自体が価値のあるものだということが、世界の共通認識として形成されてきました。そのため、不景気であっても金の価格は暴落することはなく、値上がりすることもあるため、投資対象として人気です。 ただし、投資目的でなくてもアクセサリーなどにも金は使われており、18金のネックレス等を持っている方も多いでしょう。しかし、18金を使っているとはいえ、アクセサリー類に使われている金の量はあまり多くはありません。そのような物でも買い取ってもらえるのでしょうか。 答えはイエスです。近年、タンスに眠った金を買い集めるビジネスが盛んであり、壊れたネックレスやイヤリング、金歯などでも買取をしてくれますし、少量でも良いと宣伝している買取店は多いです。金は溶かせば自由に加工できるため、その状態は問われないのです。

18金買取の今後の予測

上記のように、金の価格は暴落する可能性がなく、長い歴史の中でも重宝されてきた物ですので、今後もその人気は衰えないと言えます。そのため、近年盛んな、少量から金を買取るというビジネススタイルは、今後もその勢いを保っていくことが予測されます。実際、質屋等の宝飾品を扱う業種のみならず、リサイクルショップや古本屋等の他の分野をメインにしている業種でも金買取りを始める事例が増えています。18金もその例外とは言えないでしょう。 18金は純金ではなく、金の含有量は75%です。しかし、そこに金が含まれているということに変わりはなく、その含有量に応じた価格は維持されます。そのため、今後も18金の買取ビジネスは高い人気を維持するでしょう。